八王子市打越町で歯医者をお探しならつばさデンタルクリニックへ|歯科口腔外科・歯ぎしり食いしばり・唾液腺マッサージ

〒192-0911
東京都八王子市打越町2001-9
北野レインボービル2F
京王線[北野駅]南口より徒歩2分

お問い合わせはこちら
歯科口腔外科

長く続くお口の不調や、繰り返すできものなど、お口に関する様々なお悩みにご対応いたします。
むし歯や歯周病と同様、お口周りの症状も早期発見・早期治療が大切です。
少しでもお口に違和感を覚えたら、なるべくお早めにご相談ください。

このような方はご相談ください!

  • 親知らずが腫れて痛い
  • 食べ物がしみる
  • 歯肉が腫れている・出血している
  • 怪我をして歯が折れた
  • 歯がぐらぐらする
  • 顎が開けにくい
  • 顎が痛い
  • 口を開けるときに音が鳴る
  • 口内炎が治らない
  • 舌が黒ずんでいる
歯ぎしり食いしばり

歯ぎしりや食いしばりについてのお悩みはありませんか?
「歯を食いしばる癖がある」「歯ぎしりが気になる」など、なんとなく症状を自覚している場合でも、治療まで進めている方はまだまだ少ないのが現状です。
しかし、歯ぎしりや食いしばりには、歯を失う可能性もあることをご存知ですか?
むし歯同様、ご自身で気が付いた段階でお早めの治療を心がけるようにしましょう。

このような症状はございませんか?

  • 集中しているときなど、気が付くと歯を食いしばっていることがある
  • 頬の内側や舌に、歯を押し付けた後が残っている
  • 歯ぎしりをしていると指摘された
  • 朝起きたときに顎や頬の筋肉が張っているような気がする
  • 歯が磨り減って短くなってきたような気がする
  • 詰め物が取れたり割れたりしやすい
  • 知覚過敏が気になる
  • 歯に亀裂のようなものがある

上記のような症状に心当たりがある場合、歯ぎしりや食いしばりによって歯に負担がかかっている可能性があります。寝ている間の歯ぎしりなどはご自身でも気が付きにくいため、気になったらお早めにご相談ください。

治療法

歯ぎしり用マウスピースで歯を守る

歯ぎしりの症状に対する最も一般的な対策は、歯ぎしり用マウスピースを作成して歯を守る方法です。
歯ぎしり用のマウスピースは主に寝ている間に使用され、歯ぎしりによる歯へのダメージを減らす効果があります。
また、マウスピースを着用することで、歯ぎしり以外にも知覚過敏・顎関節症・歯牙破折・歯周病にも効果的です。

咬み合わせを矯正して歯を守る

歯ぎしりの原因が必ずしも咬み合わせであるとは限りませんが、歯並びを正しい咬み合わせに正すことは、身体のバランスをとってストレスを軽減することにもつながります。
抜歯や治療途中の歯、痛みのある歯などをきちんと正しい咬み合わせに治すことによって、1つの原因を取り除くことができるのです。
根本の原因を改善するために、矯正治療を始めてみるのもおすすめです。

唾液腺マッサージ

唾液は、むし歯菌の繁殖を防ぐためにもとても重要な役割を果たし、乾燥した口腔内はむし歯になりやすい環境といえます。
年を重ねたり、会話をする機会が減ったり、食事をお口から摂ることができなくなったりすると、口腔内の乾燥はどんどん進んでいきます。
当院では、そんな乾燥した口腔内を保湿し、お口の健康を保てるよう、唾液腺マッサージを行っております。

唾液腺マッサージの効果

  • お口の自浄作用が働くようになる
  • お口周りの筋肉をほぐし、お口を開きやすくする
  • 会話や食事がしやすくなる
  • 痛みなどの症状も和らぐ
  • お口が乾燥している方も口腔ケアがしやすくなる

唾液腺マッサージの方法

耳下腺

人差し指から小指までを、耳たぶのやや前方あたりにあて、奥から円を描くようにやさしく回します。
これを5~10回繰り返します。

顎下腺

顎下腺は、耳の下からあご先にかけての部分です。
あごの内側の何箇所かを指先で押します。これを5~10回繰り返します。

舌下腺

両手の親指を揃え下顎から舌を押し上げるようにグーッと押します。
これを5~10回繰り返します。